ストーリー

  • 第3話 シーン1
  • 第3話 シーン2

10月31日(土)放送 第3話

今日もゼロ係のメンバーは、市民からの相談事に対応していた。嬉しそうに仕事を割り振る小早川冬彦(小泉孝太郎)によって、桜庭(木下隆行)と理沙子(原田夏希)は壁の落書きを消しに、寅三(松下由樹)は冬彦と共にコンビニの前にたむろしている若者を追い払いに出かけることになる。現場へ到着し、寅三が店長の今西(モロ師岡)に話を聞いている間に、冬彦は若者たちとすっかり打ち解け、寅三を呆れさせる。するとそこへ古河(手塚とおる)ら刑事課の面々が到着。たむろしていた高校生の1人・神崎(松島庄汰)が、殺害事件の参考人だといい古河らに半ば強引に連行されてしまう…。
取り調べを開始するも、「もしも逃げたらそれが犯人という何よりの証拠」とう古河の考えで早々に帰された神崎。しかし、学校へ送り届けた冬彦と寅三の目の前で、教師の福沢(金子昇)や森村(相島一之)達は彼に退学を言い渡す。学校のイメージを重視する教師らを冬彦は短絡的だと批判するが、処分を覆すことはできなかった。
翌日、桜庭と理沙子が先日消したはずの落書きが上書きされているとの相談を受けていると、ゼロ係に弥生(岸明日香)が飛び込んできて…。

ゲスト出演者

福沢仁志…金子昇
森村智之…相島一之
今西利治…モロ師岡
西森隆弘…松尾諭
宮島沙月…水上京香
神崎正勝…松島庄汰

フォトギャラリー

すべての画像を見る

バックナンバー

番組を見逃した!そんな時は

ページトップに戻る