オリンピックに関する放送局の【偽サイト】が確認されています。アクセスされますと被害を受ける恐れがありますのでご注意ください。

登場人物

玉児(ユアル) 海蘭珠(ハイランチュウ) ホンタイジ(皇太極) ドルゴン(多爾袞) 哲哲(ジャジャ)

ホンタイジ(皇太極)

ヌルハチの第四子→後金ハン→大清帝国皇帝皇太極

「戦から帰ってきたら、何より君の笑顔を見たい」
「何度も出征したが、今日ほど後ろ髪を引かれることはない」

ヌルハチの第四子。玉児の証言により後継者としてハンの座につく。
ヌルハチの覇業である天下統一を遂げるため、リンダン・ハーンといった他部族を傘下に治めると同時に、
明を討つべく勢力を拡大、ついに大清帝国を建国し皇帝となる。
弟のドルゴンを評価しながらもその力を警戒し、玉児との関係にも不信感を募らせる。
正室に玉児の叔母の哲哲、側室には玉児、海蘭珠、のちに娜木鐘を加える。
勢力の足固めに哲哲を娶り、“天下の母”であるがために玉児を娶り、天下統一を確固たるものにするため娜木鐘を娶ったが、愛するがゆえに娶ったのは海蘭珠だけであった。だが海蘭珠の恋人の命を奪ったことを彼女に知られてしまい、最愛の海蘭珠を失うことになる。

ハウィック・ラウ(劉愷威/Hawick Lau)

1974年10月13日生まれ香港出身。近年中国のドラマ界に進出、さらなる人気を博す。
代表作:『千山暮雪』『国色天香』
©2012 Yuzheng Studo AII Rights Reserved.
提供:アジア・リパブリック7周年