番組表

おとなの旅

2014.12.15

桑名


photo5

桑名の海苔。
厚みがありながらも口溶けが良いため、高級料亭でも使われています。現在、海苔の加工は機械で行われていますが、郷土館では、昔ながらの手漉きで海苔作りを体験することが出来ます。

食の名産品を楽しんだ後は、水の都の史跡へと向かいます。

photo6

明治時代末期に造られ、昭和初期まで使われていた、諸戸(もろと)水道の貯水池跡――

この地で財を成した実業家・諸戸清六(もろとせいろく)が、街のために私財を投じて作った上水道施設です。役割を終えた今も、貯水池には地下水が湧き続けています。

近くの勧学寺(かんがくじ)には、その湧き水と関わりのある絵があります。夜な夜な水を飲みに来たと伝えられる龍。額には、動きを封印するために打たれたという釘の跡が残されています。

水に恵まれた桑名で景色と食を楽しむ旅。
この後は、水の都の夜を華麗に彩る、日本一のイルミネーションの世界を訪れます

photo7

聴こえて来たのは、滝の音。名水百選に選ばれている「養老の滝」です。

pagetop