番組表

おとなの旅

2014.11.17

飛騨高山


「大自然の懐に抱かれる」

photo4

photo5

北アルプスが、間近にそびえる自然の中に佇む宿は、「新穂高(しんほだか)温泉 雪紫(ゆきむらさき)」。

館内は床暖房の総畳敷き。寒い季節も素足で過ごすことが出来ます。山並みに臨む部屋。すべての客室が源泉掛け流しの風呂付きです。「空の棟 特別室 風」。部屋には、檜の内湯と露天風呂があり、景色を眺めながら湯(三昧)を楽しむことが出来ます。

photo6

photo7

屋上には、大パノラマで自然を愛でる貸切露天風呂。北アルプスの緑と空が、湯気の向こうに広がります。

夕食は、飛騨牛を使った料理を味わうことが出来ます。A5ランクの中から、宿が、サシの入り方、柔らかさ、色あいにこだわって厳選した、上質な飛騨牛です。

飛騨の自然と味を堪能する宿。ロビーには、伝統工芸品「一位一刀彫(いちいいっとうほり)」が飾られています。

その伝統を今に伝える工房の1つが、飛騨の代表的な古民家を集めた集落博物館にあります。

江戸時代、印籠に付ける根付の彫刻から始まった、「一位一刀彫」。使われる木材は、イチイという針葉樹。イチイと名が付けられたのは、かつて天皇即位の際、笏として献上されたからと伝えられています。

工房では、一刀一刀魂を込めて彫りあげる技を間近で目にすることが出来ます。

pagetop