番組表

おとなの旅

2014.11.10

長野県 上田


photo5

この地は、鎌倉時代からの古刹が多く、「信州の鎌倉」と呼ばれています。

安楽寺は、長野県で最古の曹洞宗の寺です。境内の奥に建つ国宝・八角三重塔。木造の八角塔は、日本で唯一の貴重な建築です。

photo5

旅の宿は、別所温泉駅から徒歩5分、1917年創業の「旅館 花屋」。
敷地面積は、およそ6500坪。庭を囲むように、幾つもの建物が点在しています。

建物を結ぶのは、良質な栂(つが)の木材を使った渡り廊下。玄関から奥へ奥へと続く回廊が、曲がるたびに変化する風景を楽しませてくれます。

photo5

慌ただしい日常を忘れ、四季の移ろいを感じるひと時です。
客室は、43室。21番の客室は、庭の景色だけではなく、部屋の中でも四季折々を楽しめます。天井には、明治時代に描かれた季節の草木や花々。華やかで色鮮やかな天井画には、移ろう日本の四季が描かれています。

photo5

温泉で旅の疲れを癒し、夕餉の時を待ちます。夕食は、信州和牛のすき焼き。この地を訪れた際に楽しみたい一品(ひとしな)です。

下之郷駅から、車でおよそ15分。辿り着いたのは、この季節のみ営業している松茸小屋です。主にアカマツ林に生える松茸。上田は、アカマツが多く、日本有数の松茸の産地として知られています。

松茸の旬は、全国的に9月から10月末ですが……!「11月まで楽しめる秋の風物詩」。

収穫量の多い上田では、紅葉がまだ残る11月中旬までは、材料が確保できるのです。秋の味覚の王様を、七輪で楽しみます。豊かな香りが食欲をそそります――

今回は、松茸三昧のフルコース――

photo5

土瓶蒸しは、香りが口の中で広がります。
食感を楽しめる、揚げたての天ぷら――
最後は、贅沢に鍋の中へ。旬の味覚と香りを満喫します。

城下町の面影を残す信州・上田。紅葉狩りを楽しみ、松茸を堪能する旅へ出かけてみませんか?

pagetop