デッド図鑑

20

過剰ハルキストデッド 過剰ハルキストデッド
過剰ハルキストデッド 【ロッチ 中岡創一】

特徴・・・ 言わずとしれた日本を代表する作家・村上春樹。その珠玉の作品群の文学的価値は疑う余地がありません。しかし、近年日常生活おいてあたかも村上春樹作品の主人公かのように振る舞い、ファンであるハルキストを超越。仕事中もハルキストぶりを発揮し、会社に迷惑をかける過剰ハルキストデッドが急増中。    

生息する業界・・・ 日本企業全般。30代から40代に多い。「ノルウェイの森」が発売された時に、学生でリアルタイムで読んでいた男性がなりやすい。一昔前は、頑張って働けば、親よりも豊かになれる、右肩上がりの時代だったが、今は、頑張ってもそれに見合う対価が得られない時代になってしまった。頑張る事に対して斜に構えて自分を正当化する過剰ハルキストデッドが増えた。

対策・・・ とにかく刺激しないことが重要。内面に閉じこもっている彼らに、意見するのは御法度。論破しようとしても、かなり激しい抵抗に遭うことが目に見える。過剰ハルキストデッドは仕事をちゃんとしてくれていれば基本的には無害なので、放置するのがよい。

ページトップへ