イントロダクション

異色すぎるドキュメンタリー番組が登場!?

ワーキングデッドとは、一見普通のサラリーマンですが
実は脳みそは思考停止状態、心は何も感じることが出来なくなった、
命じられた事だけを黙々とこなす『働く屍』の事を言います。
かつて世界中に経済大国としてその名を轟かせた日本企業が昨今の不景気による反動によって
ワーキングデッド社員が激増したと言われています。
現在ワーキングデッドに認定された、もしくは予備軍と呼ばれる社員の数は数百万人にものぼり、各企業ではワーキングデッド社員とどう関わっていくかが大きな課題となっています。
例えば、むちゃくちゃな要求ばかりしてくるモンスター上司、何も考えずに言われたことだけをやるノーシンキングな新入社員など。
そんなどこの会社にも必ずいる“問題社員たち”を「ワーキングデッド社員」と見立て、その生態をドキュメンタリー風ドラマで紹介します。
「理解不能」「コミュニケーション不能」なモンスター社員たちの生態をゾンビに例えた斬新な風刺番組ですがそれだけでなく、取り上げられる情報は今の日本が抱える問題と密接にリンクしています。
そういう意味では“笑いながらもためになる”番組です。