似鳥昭雄(ニトリホールディングス会長)

似鳥昭雄(ニトリホールディングス会長)
「お、ねだん以上。ニトリ」のCMでお馴染みの「株式会社ニトリ」は、家具・インテリア・生活雑貨の販売店として、国内386店舗、台湾24店舗、アメリカ5店舗、中国8店舗を展開。年間売り上げ5000億円、30期連続増収増益の快進撃を見せている。そんな巨大企業を一代で築いたのが似鳥昭雄。
自分の名を漢字で書けず、極度のあがり症で落ちこぼれだった小学校時代からスタートし、父の助言で23歳の若さで「似鳥家具店」をオープンさせる。失敗を恐れず新しいことに挑戦し続けた似鳥は、妻・百百代の存在もあり、攻めの姿勢で国内はもとより海外にも積極的に進出し成功を収める。似鳥の経営危機をもチャンスに変える発想とその経営手腕に迫る。
  • 第一話(3月12日放送)
    「ピンチはチャンス 失敗からの逆転人生」

    1944年、樺太で誕生。少年時代の似鳥は、勉強もできずあがり症だったためイジメに遭うように。北海学園を卒業し父の会社に就職するが、両親と喧嘩をして家出。その後、小さな広告会社で働き始めるものの仕事が取れず解雇されてしまう。就職活動も失敗し家に戻った昭雄は、高校時代に父に言われた「人のやらないことをやれ」という言葉を胸に、周辺に家具屋がなかったことから家具の販売を決意。倒産寸前の父の会社の建物を借り、1967年に「似鳥家具店」をオープンさせる。ところが、売り上げが全く伸びず、お金に困り栄養失調寸前に。そんな中、母の勧めで年下の百百代と見合い結婚をする。接客上手の百百代に接客を任せ、仕入れに専念した似鳥は、創業2年で1000万円を売り上げ、1971年には札幌市内に2号店をオープンさせる。だが、近くに大型家具店が出店し一気に経営危機に。似鳥は藁にもすがる思いでアメリカの家具店の視察ツアーに参加し、そこで見たアメリカ式のインテリアに活路を見出し…。


    ☆私の逸品…夫婦の人形で作られたクラブカバー。結婚50周年に社員からもらった夫婦の人形が可愛いクラブカバー。

  • 第二話(3月19日放送)
    「ピンチはチャンス 失敗からの逆転人生」

    ライバル店の出現で倒産の危機に陥った似鳥は、アメリカ式のインテリアに活路を見出し、洋式のトータルコーディネートを行うように。1975年、日本初のエアドーム建築の「南郷店」をオープンさせ大きな話題となる。そんな中、経営コンサルタント・渥美俊一と出会い、チェーンストア経営の理論やノウハウを勉強し始める。1979年、後にニトリ躍進に貢献する“花の4期生”が入社。父の「お前は頭が悪いのだから、優秀な人材を使えばいい」の言葉通り、積極的に4期生を登用し、店舗数7店、売上高30億円を100店1000億円とする目標を掲げ経営に挑む。1980年、日本初の家具専用の自動立体倉庫を導入。これにより安定供給とコスト削減を実現する。1993年、満を持して茨城県に本州1号店をオープンさせるが、1997年にメインバンクの北海道拓殖銀行と山一證券がまさかの破綻。保障先がなくなり社債を引き受けてもらっていたスイスの銀行から50億円の返済を迫られた昭雄は、債務不履行で倒産のピンチに…。その他にも渥美の想いを後世に伝えるために似鳥が買い取った渥美の邸宅を訪問。歌手を目指していた似鳥の歌声も披露。


    ☆私の逸品…お気に入りのコーヒーカップ。ゴルフの景品でもらったコーヒーカップで見る人が必ず驚くというお気に入り品。

  • 最終話(3月26日放送)
    「ピンチはチャンス 失敗からの逆転人生」

    満を持して本州に進出した矢先、メインバンクの北海道拓殖銀行と山一證券が破綻し、社債を引き受けてもらっていたスイスの銀行から50億円の返済を迫られた似鳥。イチかバチかの交渉で、住友信託銀行から融資の取りつけに成功し、何とか倒産の危機を乗り越える。2002年、東証1部に上場。2003年、目標に掲げていた100店舗を達成し、更なる高みを目指す似鳥は、いよいよ海外進出へ打って出る。2007年、台湾の高雄市に海外1号店となる「高雄夢時代店」をオープン。更なる海外進出を図るものの、2008年のリーマンショックで窮地に立たされる。だが、これをチャンスと取り原点に戻って値下げを宣言。1000品目以上を値下げし、経営の危機を見事吹き飛ばす。2013年、念願だったアメリカ進出を果たすが…。その他、似鳥の豪華な自宅を訪問。ニトリの商品はなぜ安いのか?その秘密を握るベトナム工場も取材。実は従業員の90%以上が現地の女性。そこには意外な秘密が…。