稲尾和久(元西鉄ライオンズ投手)

稲尾和久(元西鉄ライオンズ投手)
人々の賛辞から生まれた言葉「神様、仏様、稲尾様」で知られる稲尾は、中学で野球を始め、高校で投手に転身。その活躍がスカウトの目に止まり、1956年に西鉄ライオンズに入団する。当初は打撃投手だったが、コントロール強化に取り組み、開幕一軍の座を掴む。シーズン20連勝など群を抜く活躍から、いつしか“鉄腕”と呼ばれるように。1958年、日本シリーズで巨人と対戦。0勝3敗の後、稲尾が4連勝し、見事大逆転で日本一に輝く。今なお色褪せることのない記録と共に、数々の逆境に打ち勝ってきた稲尾の原点と野球人生に迫る。
  • 前編(8月9日放送)
    「逆境が生んだ“鉄腕”伝説」

    1937年、稲尾は大分県別府に誕生。幼い頃から漁師の父を手伝う生活を送る。中学で野球部に入部するが、家計が苦しくグローブを買えなかったため、学校に備品があったキャッチャーを志望する。1953年、高校へ進学した稲尾は投手に転身。投球技術や練習法を独自に考案し、チームを県ベスト4へ導く。1956年、西鉄ライオンズに入団。打撃投手しかやらせてもらえない中、漁師の仕事を通じて得た、与えられた環境で結果を出すには何が必要かを考え、4球に1球の割合でボールを投げる打撃投手の役目を逆手に取り、この1球でコントロールを磨くことに専念。逆境をチャンスに変え、コントロールが飛躍的に向上した稲尾は、開幕一軍の座を掴み取る。その年、21勝を挙げて新人王を獲得。2年目には20連勝を飾り、2年連続リーグMVPに輝き、チームも2年連続日本一に。しかし1958年、稲尾は3連覇が掛かった日本シリーズで窮地に追い込まれる。

  • 後編(8月16日放送)
    「逆境が生んだ“鉄腕”伝説」

    打撃投手から西鉄のエースとなった稲尾は、1958年3連覇が掛かった日本シリーズで新人ながら2冠に輝いた長嶋茂雄率いる巨人と対戦。初戦に登板するも長嶋に打たれ、その後チームも3連敗を喫する。しかし第4戦が雨で順延となり、自宅で長嶋攻略を思案する稲尾は、長嶋が感性で打っていることに気付く。そこで、振りかぶった時の相手の動きで球種やコースを決めるノーサイン投球を披露。見事、長嶋を抑え込んだ稲尾は、5、6、7戦も連投し4連勝、大逆転で日本一に輝く。そして5年目には年間42勝の前代未聞の記録を打ち立てる。しかし、8年目を迎えると連投から肩を故障。様々な治療法を試すが効果はなく、投げる度に激痛を感じた稲尾は、600g近くある特注の鉛入りボールで投球練習するという荒治療に出る。すると奇跡が起き、肩の痛みは解消。1965年、復活を遂げた稲尾は価値ある1勝を挙げる。稲尾は通算276勝を挙げ、32歳で引退すると野球界のために尽力する。