この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

プロデューサーの目

2019年2月1日(金)米金利に注目「円高時代」到来も? 影山 秀伸

 アメリカの中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は今週開いた記者会見で、利上げを棚上げする可能性に言及しました。「リスク管理の観点から金融政策をじっと様子見することが重要になった」と述べたパウエル議長。前回会見で利上げにこだわる考えを示しましたが、一転、世界経済の動向を不安視する姿勢をにじませました。


 利上げが「一時停止」なのか「終了」なのかはまだ不透明ですが、もし「利上げ終了」となれば一大ニュース。「米利上げ終了=株価にはプラス」という「常識」が意識される一方、為替市場関係者の間では「米利上げ終了=ドル安・円高」というシナリオを指摘する声がじわじわ強まっています。


 安倍総理大臣就任後の円安傾向を振り返ってみると要因は主に2つ。日銀の「黒田バズーカ」と米利上げです。FRBが利上げを終えるだけでなく、逆に利下げモードに突入する兆しを見せれば、円相場が大きく動く可能性大。円高となった場合、黒田日銀はどう対応するのか。日本経済をめぐる一つのテーマになるかもしれません。


 今夜10時からの「日経プラス10」は、FRBの政策に大きな影響を与える米雇用統計(1月分)を速報。また、特集では、米中貿易摩擦が実体経済や企業業績、株式相場などにどのような影響を及ぼすのか徹底討論します。ぜひご覧ください。


日経プラス10プロデューサー
影山 秀伸


記事は日経プラス10クラブ会員向けのメールマガジンで毎週金曜日に配信しています
詳しくはこちら

次へ 前へ コラム一覧へ