番組表

マンスリー特集 様々なテーマを4週に渡って紹介

2015.06.08

健やかな食生活


秋津さんはプレーン・ヨーグルトに意外なものを加えていました。黒コショウとエゴマ油です。黒コショウ独特の香り成分である「リモネン」が、唾液の分泌を促進し、食欲を増進させます。

photo2

一方、エゴマ油には「アルファ・リノレン酸」と呼ばれる脂肪酸が含まれています。アルファ・リノレン酸は血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすため、動脈硬化・心筋梗塞の予防に効果が期待されています。エゴマ油は食用油の中でも、アルファ・リノレン酸を多く含んでいます。秋津さんは15年ほど前からヨーグルトにはエゴマ油を欠かさず加えているようです。

このような工夫を取り入れながら、朝食の摂取カロリーは200キロカロリーに抑えています。午前9時、診察開始。

診察の合間、胃腸を整えるために、自宅から持参した昆布水を口にします。秋津さんは毎日、細かく切った根昆布25グラムを水500ミリリットルに一晩浸けて昆布水を作っています。昆布水には、昆布から食物繊維が溶け出しています。食物繊維は、朝食に食べたヨーグルトに含まれる乳酸菌のエサとなります。昆布水を飲むと、乳酸菌が腸の中で活性化するのです。

昼休み、向かった先は病院の近くにある蕎麦店。

photo2

秋津さんが注文したのは600キロカロリーの鴨南蛮そばです。朝と昼を合わせて800キロカロリー。間食はしないため、一日に摂取するカロリーの残りは、1200キロカロリーです。

大好きな肉料理とワイン。合わせて1000キロカロリー分の夕食をゆとりを持って楽しむことができます。

一日単位でカロリーを調整する食生活。みなさんも始めてみてはいかがですか?

pagetop