『関羽(かんう):雲長』青年期:李文帥、成人:王英権
劉備・張飛と出会い、義兄弟の契りを結んで、終生劉備に忠誠を尽くした。正義感と忠義心に厚く、多くの民や武将から愛された。
また若き頃より勤勉家であり同時に武術も秀で、まさに文武両道として内政も戦もその才能を発揮した。 

『劉備(りゅうび):玄徳』黄湘陽
戦闘の指揮には優れていたが、明確な戦略は持たず、各地を転々としていたが、諸葛亮に「天下三分の計」を説かれ、明確な戦略に
基いて行動するようになる。関羽・張飛の長兄の立場で常に冷静な判断をする。

『張飛(ちょうひ):翼徳』張友齢
義兄弟の中で末弟的存在。劉備が旗揚げして以来、関羽とともに付き従った。劉備が益州入りするときは、諸葛亮と共に援軍として
出発し、厳顔を生け捕りにした。関羽と同様、一万の兵に匹敵すると言われる武勇があったが、直情的で血の気も多く、たびたび
劉備たちの注意を受ける。 キャスト@へ キャストAへ キャストBへ
『関羽(かんう):雲長』青年期:李文帥、成人:王英権
劉備・張飛と出会い、義兄弟の契りを結んで、終生劉備に忠誠を尽くした。正義感と忠義心に厚く、多くの民や武将から愛された。また若き頃より勤勉家であり同時に武術も秀で、まさに文武両道として内政も戦もその才能を発揮した。 

『劉備(りゅうび):玄徳』黄湘陽
戦闘の指揮には優れていたが、明確な戦略は持たず、各地を転々としていたが、諸葛亮に「天下三分の計」を説かれ、明確な戦略に基いて行動するようになる。関羽・張飛の長兄の立場で常に冷静な判断をする。

『張飛(ちょうひ):翼徳』張友齢
義兄弟の中で末弟的存在。劉備が旗揚げして以来、関羽とともに付き従った。劉備が益州入りするときは、諸葛亮と共に援軍として出発し、厳顔を生け捕りにした。関羽と同様、一万の兵に匹敵すると言われる武勇があったが、直情的で血の気も多く、たびたび劉備たちの注意を受ける。
武将の呼び名(字:あざな)について 次のページへ キャストページ@