r

onair

2014年3月23日(日)放送screenshot

日本通運・渡邉健二社長 (後編)

貨物自動車運送事業、利用航空運送事業、船舶利用運送事業、内航海運業など多岐に渡る事業を展開している日本通運。
現在、事業の世界展開を加速させている。アジア各国で生産された日本企業の製品は、欧米や日本への輸出に加えて、アジア域内にも輸出されるようになった。これにともなって物流の動きはますます複雑になっているという。
今後は海外の物流会社との競合も激化していく。日本通運が世界で勝つためには、何が必要なのか。渡邉健二社長が思い描く勝利の方程式を聞いた。