r

onair

2014年3月16日(日)放送screenshot

日本通運・渡邉健二社長 (前編)

日本通運は、1937年に国策会社として発足した。その後、全国主要都市の運送業者を合併。さらに戦後、一般商事会社として再出発した。現在では貨物自動車運送事業、利用航空運送事業、船舶利用運送事業、内航海運業など多岐に渡る事業を展開している。
渡邉健二社長は1950年生まれの64歳。大阪支店長や首都圏ブロック地域総括兼東京支店長などを経て、2011年に就任した。
渡邉社長が推し進める「物流改革」とは、どのようなものなのか。完成したばかりの千葉・市川市の物流センターを訪ね、今後の戦略などを聞いた。