r

onair

2014年2月16日(日)放送screenshot

燦ホールディングス・古内耕太郎社長 (前編)

全国で葬祭事業を展開する燦ホールディングス。首都圏・関西圏を中心に葬祭会館を運営する公益社を中核に、業界で唯一、東証一部に上場している。
古内耕太郎社長は50歳。外資系保険会社の常務取締役兼COOなどを経て、2009年に就任した。
現在、厚労省認定「葬祭ディレクター技能審査」に合格した213人の専門スタッフをかかえ、家族葬から大規模葬儀まで、あらゆるタイプの葬儀に対応している。横浜市青葉区の公益社会館たまプラーザを訪ね、葬祭ディレクターの具体的な活動を紹介してもらった。
エンディングノート、遺言など「終活」もテーマに幅広く事業展開する古内社長に、葬儀業界の現状と課題について聞いた。