r

onair

2014年2月2日(日)放送screenshot

アルフレッサ・鹿目広行社長 (前編)

日本最大級の医薬品卸会社、アルフレッサ。製薬メーカーと病院・調剤薬局を結ぶ物流を担い、医薬品情報の伝達や回収作業なども行っている。
鹿目広行社長は63歳。アルフレッサの前身である福神に入社後、営業本部長、副社長などを経て、2009年に就任した。
首都圏全域の物流網強化を目的に、東日本大震災直前の2011年2月に稼働した埼玉物流センターを訪問。リニア式の最新システムや自動倉庫、厳格な温度管理をしている冷蔵倉庫、独自の最新式保冷システムなどを紹介してもらう。
医薬品卸会社の実情と課題について、鹿目社長に聞いた。