r

onair

2014年1月12日(日)放送screenshot

UACJ・岡田満社長 (前編)

昨年10月に誕生した総合アルミニウムメーカーのUACJ。古河スカイと住友軽金属工業、ともに100年以上の歴史を持つ2つの企業が合併して設立された。現在、アルミ缶や自動車用の板製品をはじめ、押出製品、鋳物・鋳造製品など、あらゆるアルミニウム製品を市場に供給している。
その新会社を率いるのが岡田満社長、57歳。古河電工に入社後、福井工場長、古河スカイ社長を経て、UACJの社長に就任した。
東京・大手町の本社を訪ね、飲料用アルミ缶材からLNG船の巨大タンクの材料まで手がける同社の製品を見せてもらう。
「世界的な競争力を持つアルミニウムメジャーグループ」を目指す岡田社長。合併の狙いやアルミニウム市場の現状などについて聞いた。