r

onair

2013年12月8日(日)放送screenshot

ユニバーサルミュージック・小池一彦社長 (後編)

今年4月にEMIミュージックと経営統合し、国内2位のシェアとなった音楽ソフト会社、ユニバーサルミュージック。
海外の音楽トレンドをいち早く日本に伝え、日本人アーティストの海外進出のサポートや楽曲・文化の紹介も積極的に行っている。
小池一彦社長は、「歴史に残るヒット曲を生み出し、世代を超えて愛される音楽をつくること。それこそがユニバーサルミュージックの世界共通の使命」と熱意を示す。変化の早い音楽市場の動きに今後どう対応していくのか。新たな音楽文化を模索する小池社長に聞いた。