r

onair

2013年12月1日(日)放送screenshot

ユニバーサルミュージック・小池一彦社長 (前編)

60ヵ国・地域に展開する世界最大の音楽企業、ユニバーサルミュージック。
その日本法人の指揮をとるのが小池一彦社長。小池社長は1953年生まれの60歳。洋楽部門の制作本部長や副社長などを経て、2007年に社長兼COO、2009年、CEO兼社長に就任した。
プラチナCDや高音質LPなど高付加価値商品に力を入れる中、「音楽産業は、めまぐるしい変革が続き大きな過渡期を迎えている」と語る小池社長。時代のトレンドをどう捉え、新しい商品やサービスを提供しているのか。その事業戦略を聞いた。