onair

2013年5月19日(日)放送screenshot

ウシオ電機・菅田史朗社長 (前編)

1916年に兵庫県で生まれた「姫路電球」が前身のウシオ電機。当時は家庭用電球の製造卸を手がけていた。1964年、ウシオ電機を設立。現在は、液晶パネルや半導体の製造に使われるUVランプ、コピー機・スキャナー用のランプ、デジタルシネマプロジェクタなど多様な製品を取り扱っている。
菅田史朗社長は1949年生まれの63歳。ドイツ現地法人の社長や技術研究所長、ランプカンパニープレジデントなどを経て、2005年に社長に就任した。
“光のデパート”を標榜し、成長マーケットの取り込みを狙うウシオ電機。バーチャルリアリティディスプレイなど最先端の機器を見ながら、菅田社長が推し進める戦略などについて聞いた。