onair

2013年5月12日(日)放送screenshot

ロイヤルホールディングス・菊地唯夫社長 (後編)

ファミリーレストランの「ロイヤルホスト」などを展開するロイヤルホールディングス。
菊地唯夫社長は就任後、ロイヤルホストのてこ入れに取り組んだ。3年間に約30億円を投じて店舗を改装。同時にメニューのブラッシュアップも行い、グループを代表するブランドとして再生させた。
少子高齢化などにより縮小傾向にある外食市場。多彩な事業を手がけるロイヤルホールディングスは、今後どのように戦っていくのか。菊地社長が考える、外食産業の未来像などを聞いた。