onair

2012年11月18日(日)放送screenshot

ホテルオークラ東京・清原當博社長 (前編)

ホテルオークラは、世界に通じる日本独自のホスピタリティとサービスの提供を目指し、1962年にオープンした。開業の2年後にはIMF・国際通貨基金総会のメイン会場に選ばれ、「日本を代表するホテル」として国内外で認知された。その後も日本で初めてホテル内にヘルスクラブを作るなど、業界のトップランナーとして事業を展開している。
清原當博社長は1949年生まれの63歳。営業企画部部長や京都ホテルオークラ総支配人などを経て、2009年にホテルオークラ東京の社長に就任した。開業50周年を迎えた今年、次の時代に向けて、何を残し何を捨てるかの取捨選択が必要だと語る清原社長。今後の戦略などを聞いた。