onair

2012年10月28日(日)放送screenshot

東邦ホールディングス・濱田矩男社長 (前編)

医薬品卸業の東邦薬品と調剤薬局経営のファーマクラスター。この2つの子会社を傘下に抱える東邦ホールディングス。政府が進める「医薬分業」で調剤薬局事業が急成長し、それに対応するため2009年に事業を分離して持ち株会社制に移行した。
濱田矩男社長は1940年生まれの72歳。経営企画室長、営業本部長などを経て、2005年に東邦薬品の社長に就任、2009年に東邦ホールディングス社長に就任した。驚異的な出荷精度を誇る物流センターの舞台裏や「ITに強い」といわれる東邦の経営戦略について聞いた。