onair

2012年6月17日(日)放送screenshot

オリックス・井上亮社長 (後編)

1971年、香港から海外展開をスタートしたオリックス。その事業は米国などにも広がり、近年は中国や韓国、さらに東南アジアを拡充するなどグローバル化を加速している。今後は日本国内の事業とともに、海外事業を大きくしていく方針だ。
海外経験が豊富な井上亮社長は、アジアの成長を取り込むことの難しさを知り尽くしている。現地の優秀な人材を積極的に採用し、各国に根ざしたビジネスを目指すという。オリックスが掲げる今後の世界戦略などを聞いた。