onair

2012年1月1日(日)放送screenshot

中外製薬・永山治社長 (前編)

2002年に世界大手の製薬メーカー「ロシュ」の傘下に入るという決断を自らした永山治社長。2004年には一般医薬品事業をライオンに譲渡し医療用医薬品に特化。バイオ医薬品では国内トップを走っている。
永山社長は1947年生まれの64歳。日本長期信用銀行を経て中外製薬へ入社。国際事業部長、事業企画部長などを務め1992年に社長に就任した。自ら世界大手の傘下に入った決断の真意について聞いた。