onair

2011年10月2日(日)放送screenshot

DIC・杉江和男社長 (前編)

創業100年を超える総合化学メーカー・DIC。「大日本インキ化学工業」というかつての社名の通り、出発点は印刷インキの製造。
その後、有機顔料・合成樹脂・包装資材・自動車分野などへと広がり、現在では液晶材料や液晶ディスプレー用グリーン顔料といった先端分野にも進出している。
杉江和男社長はリーマン・ショック後の2009年4月に就任。これを機に大きな組織改革に乗り出した。キーワードは“点から面へ”。「他の部署には情報を渡さなかった」というほどの縦割り型を改め、組織の壁を一気に取り払った。改革の行方、そして東日本大震災の影響などについて聞く。