onair

2011年7月3日(日)放送screenshot

ミネベア・貝沼由久社長(前編)

1951年、ボールベアリングの専業メーカーとして誕生したミネベア。現在では機械加工品分野、回転機器分野、電子機器分野などのセグメントで事業を展開している。なかでも外径22ミリ以下のボールベアリング市場では、世界トップシェアを誇っている。
貝沼由久社長は1956年生まれの55歳。弁護士として活躍したのちにミネベアへ入社し、2009年に社長に就任した。経営者と法律家には意外な共通点があると言う貝沼社長。その経営哲学と今後の戦略などを聞いた。