onair

2011年1月2日(日)放送screenshot

日清製粉グループ本社・村上一平社長 (後編)

少子高齢化で国内市場が縮小するなか、日清製粉グループ本社は新製品の開発を積極的に行っている。「新技術を開発できない企業は同業者によって淘汰される。新製品を提供できない企業は、消費者によって淘汰される」。これが村上一平社長の信念だからだ。
学生時代はグリークラブ(男性合唱団)に所属し、一時はプロの声楽家を目指していた村上社長。この時の経験が人格形成に多大な影響を与えているという。「できないのは、チャレンジしていないから」。そう語る村上社長の経営哲学などを聞く。