onair

2010年11月21日(日)放送screenshot

アステラス製薬・野木森雅郁社長 (後編)

医療用医薬品の分野でグローバルに事業展開を進めるアステラス製薬。
同社のコミュニケーション・スローガンは、“明日は変えられる”。
「患者さんとともに新薬で共に闘いたい、もう一度心から笑ってほしい」という想いから、治療満足度が低い疾患領域において、革新的で有用性の高い新薬開発に取り組んでいる。
野木森雅郁社長が社員に訴えてきたのは、「形式主義・権威主義を排すこと」。
会議の根回しはやめ、現場担当者の意見を尊重するなど、風通しのよい組織づくりを自ら実践してきた。
「1つの新薬づくりに多くの人間が関わる製薬企業にとっては、チームワークが第一」と語る野木森社長の経営哲学に迫る。