onair

2010年11月14日(日)放送screenshot

アステラス製薬・野木森雅郁社長 (前編)

2005年、山之内製薬と藤沢薬品工業の合併により誕生したアステラス製薬。
合併後、医療用医薬品事業への経営資源の集中を図り、現在は売上高のほぼ100%を泌尿器領域・移植領域などの医療用医薬品が占めている。
企業理念は「先端・信頼の医薬で、世界の人々に貢献する」。
その言葉通り、国内トップクラスの研究開発投資と体制で新薬づくりに取り組んでいる。
豊富な海外経験を持つ野木森雅郁社長は2006年に就任。
今年5月にはアメリカの抗がん剤メーカーを買収するなど、“グローバル・カテゴリー・リーダー”に向けて着々と歩を進める野木森社長の戦略に迫る。