onair

2010年9月19日(日)放送screenshot

富士フイルムホールディングス・古森重隆社長 (後編)

「第二の創業」という経営計画を掲げて、積極的な設備投資やM&Aによる事業強化、徹底的な構造改革でさらなる躍進を目指す富士フイルムホールディングス。
写真のデジタル化やリーマンショック、急激な円高など、厳しい経済状況にも古森重隆社長は「勇気を奮って変わろう」と創業以来の大転換をリードする。
連結従業員は約7万4000人、売上高は2兆円以上。
新たな価値を創造するリーディングカンパニーを目指す巨大グループの未来像とは?
常にベストを尽くし改革を断行してきた古森社長に経営戦略を聞く。