onair

2010年9月12日(日)放送screenshot

富士フイルムホールディングス・古森重隆社長 (前編)

「富士フイルム」「富士ゼロックス」「富山化学工業」などを傘下に持つ富士フイルムホールディングス。
デジタルカメラや液晶パネルディスプレイ材料、印刷板材料や事務用機器、さらに医療・医薬・機能性化粧品など、写真技術の発達で培った知見を活かし、様々な事業を展開。 新たな価値の創造で社会貢献を目指している。
2000年に就任した古森重隆社長は、長崎県出身の71歳。 入社後は、主に印刷事業部門を歩み、56歳でヨーロッパへ赴任。
「何事にも気概を持って取り組むこと」と語る古森社長の原点に迫る。