onair

2010年7月4日(日)放送screenshot

カプコン・辻本憲三CEO (後編)

ゲームソフトの開発を中心に、映画やアニメ、出版などへ多角的に事業を展開。
「総合エンターテインメント企業」を目指して、躍進を続けるカプコン。
2004年に第一作を発売以降、絶大な人気の『モンスターハンター』は、「友達と集まって一緒にゲームが楽しめる」という新たなコミュニケーションスタイルを確立。
“モンハン現象”と言われるほど、社会現象を巻き起こした。
楽しさと感動を提供して、カプコンを世界で戦える企業にまで成長させたのが、創業者である辻本憲三CEO、70歳。
「ゼロからのモノづくり」を心掛けて、いま新たに取り組んでいるのがワイン造り。
「藍」「紫」「紫鈴」「あさつゆ」。100億円以上の私財を投入して最高品質のブランドを生み出した。
辻本CEOの“もう一つの経営”に込められた哲学を聞く。