onair

2010年6月27日(日)放送screenshot

カプコン・辻本憲三CEO (前編)

ゲーム業界で一世を風靡した『ストリートファイター』や世界的に大ヒットを記録した『バイオハザード』など、独創的なソフトを開発・販売するカプコン。
綿菓子製造機の行商として全国各地を売り回っていた辻本憲三CEOが、1983年に創業。
旅先で、ゲームに夢中になる子供たちを見かけた時、「世界には楽しいものが必要」と感じたことがきっかけ。
現在はゲームソフトの開発を中心に、映画やアニメ、出版など多角的な事業展開で“大阪から世界へ”を合言葉に、グローバル企業への躍進を目指している。
辻本CEOは、奈良県出身の70歳。趣味は旅行・ゴルフ・ワイン。
「逆境とは誇り高きものなり」と高校時代のアルバムに描いた言葉のように、幼少期から常に厳しく自分と向き合い、様々な試練と困難を乗り越えてきた。
「今ないからこそ自身で生み出す」と語る、辻本CEOの“創業者魂”とは…。