onair

2010年5月30日(日)放送screenshot

ユニチャーム・高原豪久社長 (前編)

2010年3月期連結決算で5期連続最高益となったユニ・チャーム。
1961年に創立した当時は、大成化工の名で建材事業を手がけていた。
1963年に参入した生理用品分野で培った不織布・吸収体の加工・成形技術を活用し、ベビーケア用品、ヘルスケア用品などに事業分野を拡大。
女性だけではなく、人々の生活をサポートする企業として、活躍の場を広げてきた。
2001年に就任したのが高原豪久社長、48歳。
父であり創業者である高原慶一朗会長から経営を引き継いだ際に心がけたのは、“選択と集中”。
創業当時から続いた建材事業を売却する決断をしたという。