onair

2010年5月2日(日)放送screenshot

山武・小野木聖二社長 (後編)

「安心・快適・達成感」を追求して、ビルや工場の計測制御事業を行う山武。
緊急通報サービスや住宅空調システムなど、身近な暮らしのサポート。
CO2削減や省エネなど、環境問題への積極的な取り組み。
新たなエネルギーの開拓“創エネ”を視野に入れた社会貢献。
こうした様々な技術革新に挑み続けて、さらなる発展を目指している。
2006年に創業100周年を迎え、「人を中心としたオートメーション」という新たな理念を掲げた。
さらに2008年には、“azbilグループ”にグループ名称を変更。
連結従業員は約9000人。巨大グループを牽引するのが小野木聖二社長だ。
「失敗を恐れず果敢に挑戦すること」と、技術者時代に培った哲学を活かして経営改革を進める小野木社長に、企業のあるべき姿を聞く。