onair

2010年4月25日(日)放送screenshot

山武・小野木聖二社長 (前編)

ビルや工場の計測制御を中心に、オートメーション事業を展開する山武。
空調設備やセキュリティシステムなど多種多様の製品を扱う老舗メーカーだ。
創業は1906年。山口武彦が工作機械の輸入販売を行い、事業を開始した。
一時期はアメリカのハネウエル社と資本提携。
技術革新に挑み続けて、日本の高度経済成長と共に発展してきた。
2004年に就任した小野木聖二社長は、工業機械の設計などを担当してきた技術畑の出身。
幼少期から機械に興味を持ち、科学の原理原則を学んだ。
「人に優しく、誠実に技術を学び、時にユニークさを忘れない…。」
技術者として着実に歩んできた小野木社長の経営哲学とは?