onair

2010年2月28日(日)放送screenshot

トレンドマイクロ・マヘンドラ ネギCOO (後編)

コンピューターウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」でおなじみのトレンドマイクロは、1988年にロサンゼルスで創業。1996年からは本社を日本に置き、世界に36の拠点を構える。
今回は、社員でも限られた人しか入室ができないというウイルス解析センター「リージョナルトレンドラボ」を見せてもらう。ここでは、昨年末から大手企業サイトが多数被害に遭った「ガンブラー」など、日夜コンピューターウイルスとの戦いが続いている。
インターネット上の脅威から人々の安全を守る使命感を語るのが、インド出身のマヘンドラ・ネギCOO、49歳。ウイルスの質と目的は変化しており、最近は利用者が気づかぬ間に個人情報を盗むものが増えていると警告する。