onair

2010年1月24日(日)放送screenshot

三菱重工業・大宮英明社長 (前編)

ロケットや戦闘機、旅客船や艦艇、発電プラントにエアコンなど、約700もの製品を手掛け、地球規模で事業を展開する三菱重工業。
1870年、岩崎彌太郎が創業して以来、“ものづくり先進企業”としてインフラ整備や技術革新を行い、社会貢献と企業の発展を目指している。
大宮英明社長は、1946年生まれの63歳。航空機の開発や冷熱事業を担当してきた技術畑の出身。「アポロ計画」に憧れた幼少期、航空学科に進んだ大学時代。入社後も戦闘機の開発に携わるなど、空への羨望から着実に“ものづくりの道”を歩んできた。「技術は決してだませない」という哲学を胸に大宮社長が描く経営戦略とは…。