onair

2009年12月20日(日)放送screenshot

富士重工業・森郁夫社長 (前編)

富士重工業は、航空機のエンジンなどを手がけた「中島飛行機」を源流とする会社。富士重工業としてスタートを切ったのは1953年のことだ。軽四輪自動車「スバル360」を発売してからは、個性的な自動車を作り続けている。
現在では自動車部門を軸に、航空宇宙カンパニー、産業機器カンパニー、エコテクノロジーカンパニーといった事業を展開している。
森郁夫社長は、1947年生まれの62歳。生産管理部門や営業畑を歩み、2006年に社長に就任した。特技は「運が良いこと」だと言う森社長。
その経営哲学とパーソナリティーについて聞いた。