onair

2009年12月13日(日)放送screenshot

エイチアイエス・平林朗社長 (後編)

不景気や燃油サーチャージの影響で海外旅行客が減少する一方、増収を達成した旅行代理店エイチ・アイ・エス。格安航空券とツアー企画で着実に業績を伸ばしてきた。
就任2年目の若き経営者は、地方需要の獲得のためにトラックを改造した「移動相談車」の企画、「いい旅研究室」の新設、新たな旅行マーケットの模索など、新規事業を次々と立ち上げている。
海外展開にも積極的に取り組み、社長在任中に世界1000店舗実現を目指し、海外から日本への渡航客やインバウンド客の獲得に力を入れる。
「未来の経営人たちへ」では、自身のアメリカ生活体験を元に、“世界の文化や慣習を若いうちから経験すること”の重要性を語る。また、エイチ・アイ・エスをゼロから立ち上げた澤田秀雄会長の隣席で、数ヵ月間座って学んだ経営の神髄を聞く。