onair

2009年11月29日(日)放送screenshot

セイコーエプソン・碓井稔社長  (後編)

セイコーエプソンは、2009年3月期の決算で1兆1224億円の売上高を計上したが、当期純利益は1113億円のマイナスとなった。
今年3月には、長期ビジョン「SE15」を策定。強みを活かせる分野に経営資源を集中し、保有する技術から新たな製品や事業を生み出す事を表明した。
「世の中に無くてはならない製品を作り出し、世の中に無くてはならない企業になる」ことを目指すという碓井稔社長。その経営哲学などを聞く。