onair

2009年6月28日(日)放送screenshot

ライオン・藤重貞慶社長 (後編)

創業から100年以上という老舗メーカー・ライオン。
2004年に社長に就任した藤重貞慶社長は、自社製品の環境対応に力を入れている。
2020年のCO2の排出量を、1990年と比べ67%削減することを目標にしている。
その対策の一つが、植物由来の洗剤を提供すること。
洗濯用洗剤にパームの実を使い、カーボンニュートラルへの取り組みを強化している。
そんな藤重社長が、「未来の経営人」に伝えたいこととは・・・。