onair

2009年5月17日(日)放送screenshot

クボタ・益本康男社長 (前編)

今年1月、農業機械メーカー国内最大手・クボタの社長に就任した 益本康男社長。技術畑出身の社長就任は42年ぶりだ。 「若い人たちがクボタで働きたいと思うような会社にしたい」という 益本社長。 積極的な社内風土改革を行い、若い社員が何でも言える環境を作ろう としている。 また、他が真似できないものに挑戦することの大切さも説いている。 社内一アグレッシブな社長によって、新しいクボタが動き出す。