onair

2009年1月18日(日)放送screenshot

キッコーマン・茂木友三郎CEO (後編)

「SOY SOURCE」と言うより、「キッコーマン」と言う方がアメリカでは有名になったしょうゆ。
古くは17世紀にオランダ船によって輸出されていたという記録が残っている。
大豆などの原材料高の影響を受け、国内販売は厳しい舵取りを余儀なくされているキッコーマン
だが、茂木友三郎CEOは言う。
「こんなに厳しい状況の時こそ、積極的な経営を行う」と。
そんな茂木CEOが“未来の経営人たち”へ伝えたいこととは・・・。