onair

2008年12月21日(日)放送screenshot

日本貨物鉄道・小林正明社長 (後編)

11月に発表した中間決算で、全事業の営業利益が2億円減の15億円、
経常利益が2億円減の4億円となったJR貨物。
ゲリラ豪雨など異常気象の影響、原油価格高騰、そして世界的な
経済危機。先行きの見えない状況のなかで、小林正明社長は
「輸送品質の改善」に取り組んでいる。
「物流業の本質は、情報戦略産業だ」。
そう語る小林社長の長期ビジョンなどを聞く。