onair

2008年12月14日(日)放送screenshot

日本貨物鉄道・小林正明社長 (前編)

日本貨物鉄道・JR貨物は、国鉄民営化によって1987年に誕生した。
現在では、日本全国を網羅する鉄道網を使って、貨物列車を運行している。
毎日約600本が走り、その総運行距離は22万キロメートルに達する。
小林正明社長は、1946年生まれの62歳。2007年、社長に就任した。
地球環境保護の観点から、注目を集めている、鉄道貨物輸送。
輸送単位当たりのCO2排出量は、営業用トラックの7分の1と言われる。
「地球に優しい輸送機関」として、追い風に乗る事ができるのか?
JR貨物の取り組みを、小林社長に聞いた。