onair

2008年10月19日(日)放送screenshot

三菱ケミカルホールディングス・小林喜光社長 (後編)

世界第5位の三菱化学と、
機能材料事業などを手掛ける三菱樹脂などを傘下に持つ
日本最大の総合化学メーカー・三菱ケミカルホールディングス。
世界的な原油高を背景に、石油化学製品の値上げや生産力の半減、
エチレンの減産などあらゆる対策をとってきた小林喜光社長。
今年度から2010年度までの新中期経営計画「APTSIS10」を策定。
売上高4兆円、営業利益で1900億円を目指す小林社長が
“未来の経営人”に伝えたい思いとは・・・。