onair

2008年8月31日(日)放送screenshot

日揮・重久吉弘CEO (後編)

原油高の影響で世界的にプラント建設の需要が高まっている。
横浜に本社を構えるエンジニアリング会社・日揮は、設立以来世界で2万件以上の
プラント建設プロジェクトを手掛けてきた。
そんな日揮を1996年から率いているのが重久吉弘CEOだ。
世界各地でプラント建設を行うことから、プロジェクト会議にも
世界各国のスタッフが参加する。
迅速な計画遂行と意思疎通の手段の一つに「4D CAD」というシステムを採用。
「4D CAD」システムのメリットとは・・・。