onair

2008年6月15日(日)放送screenshot

横浜ゴム・南雲忠信社長 (前編)

横浜ゴムは、当時まだ輸入品に頼っていた高級ゴム製品の国産化を目指して、
1917年に設立された。研究を重ね、1921年、繊維によって
強度と耐久性を向上させたコードタイヤと呼ばれる製品を
日本で初めて生産。1983年、ゴルフ用品をはじめとするスポーツ事業にも
本格的に参入した。他にも、工業資材や航空機用の部品などを製造している。
南雲忠信社長は主に技術畑を歩み、2004年に社長に就任した。
2007年度は、売上高と営業利益を大幅に伸ばした横浜ゴム。
好調を維持するための戦略などを、南雲社長に聞いた。